ホームページ

お問い合わせのページ

仕上外径自動コントロール装置

(DWコントローラー、型名 MEL-DW120P)

毛呂山電子研究所

本装置は、MGワイヤーの被膜を付けるラインにおいて、仕上がり外径を自動で一定に保つようコントロールするためのものです。

ワイヤーの目標外径・線速度・ライン距離・塗布回数・補正回転数・補正値などを設定したのち外径測定器(MEL-120T 等)からのデータを入力すると、本装置はこれらのデータを演算しワイヤーの外径が目標外径となるようロールコータの回転数を自動でコントロールします。

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: image016

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: image012

コントロール部

Acサーボモーター

 

この製品の特徴

ACサーボモーター採用

当社の新製品DWコントローラー「型名:MEL-DW120P」は、モーターとしてACサーボを 採用しました。

そのためスピード可変範囲が、10 rpm 3000 rpm と格段に広がりました。

また、全スピード可変範囲でトルクが1.33Kgf-cmと高トルクで一定です。

負荷がかかった時の瞬時最大トルクは2.6Kgf-cmもあります。

モーターの発熱がまったくありません。そのため冷却ファンを必要とせず、モータ部に冷却ファンのための電源 AC100V は必要ありません。

他社製 コントローラーの中には、モーターとしてステッピングモーターを使用している物もありますが、その種の製品はスピード可変範囲が狭く(30 rpm 1020 rpm)、可変スピードの全領域においてトルクが小さく(約0.6Kg)、さらにモータの発熱が高く摂氏90度にもなり、冷却ファンが必要です。

BCD入力用アイソレーション及びバッファ内臓

当社のDWコントローラーは、入力アイソレーション及びバッファをコントローラー内に内臓しました。

そのため、外径測定器とコントローラーは電気的にアイソレーションされ、直接接続できるようになりました。

外部にアイソレーション及びバッファは必要ありません。

簡単接続、コストダウンになります。

他社コントローラーの中には、外径測定器との間に外付けでアイソレーション及びバッファ(市場価格約@ \70,000)を入れるタイプのものがあります。

安全運転機能

運転初期は手動運転をします。

手動回転数をセットしスタート SW を押すと、目的の回転数まで自動でスローアップしながら滑らかに上がって行きます。モータが設定回転数に達して初めて、自動運転が可能になります。

自動運転に切り替える際モータは停止しません。

自動運転時、仮に外径測定器で測定しているワイヤーが切れて、外径測定器から転送されてくるデータが“0”になっても、モーターはワイヤーが切れる直前に測定されたデータにもとづいた回転数を保持します。

目標外径と測定外径の差(絶対値)が、あらかじめ設定されている内部設定値を超えると警報が鳴り、モーターは内部設定値を超える直前のデータにもとづいた回転数を保持します。

原因を取り除くまで警報は解除されず、モーターは同じ回転数を保持します。

原因を取り除いた後、設定 SW を押すと、モーターは止まることなく引き続き自動運転を再開します。

サイズがコンパクト

コントローラーの大きさが 320Wmm×120Dmm×55mm になりました。

重量が軽量

コントローラーの重さはわずか 1.8Kg です。

廉価

ご相談下さい。

その他

不明な点はメールでお尋ねください。info@moroyamadenshi.com

 

〔モーター部外形図(1)〕

型名:51KLA−60,30

図はLタイプのギア付モーターです。Rタイプは右下図の通りです。

テキスト ボックス: 14テキスト ボックス: 5テキスト ボックス: +0.04テキスト ボックス: -0テキスト ボックス: 3テキスト ボックス: +0.1テキスト ボックス: -0テキスト ボックス: 102.5テキスト ボックス: 38.5テキスト ボックス: 230.5テキスト ボックス: 68テキスト ボックス: 63テキスト ボックス: 5テキスト ボックス: 45テキスト ボックス: φ15 h7

 

〔モータ部外形図(2)〕

型名:60GSA-60,30M

ストレートタイプのギア付モータです.ギア比は60:1と30:1があります。

テキスト ボックス: L

テキスト ボックス: 32テキスト ボックス: □60テキスト ボックス: 10テキスト ボックス: φ8h8

テキスト ボックス: 7

 

〔DWコントロールシステムのブロック図〕

 


 

コントローラーパネル図